grawords

grawords

blogブログ

[column]grawordsのライターさんにインタビュー!

こんにちは、グラワーズです。
グラワーズにはデザイナーの他にもライターが所属しています。
『grawords』の社名の由来は「graphic(グラフィック)」と「word(ワード)」を掛け合わせた造語です。
デザイナーとライターで始めたデザイン事務所なのでデザインと同じくらい言葉も大切にしています。

今回はそんなグラワーズでSalon’s Promo Magazineの編集長として
日々執筆、取材、企画を手がけている編集長・久保田さんにインタビューしてみました!

1.ライターを目指したきっかけはなんですか?


実は、元々はライターではなくデザイナーを目指していました。しかし、前職で音楽雑誌の編集部に所属していた時にインタビューを経験し、様々な人の価値観や背景に触れる面白さを知りました。たまたまそれを余すことなく第三者に伝える手段がライティングでした。ライターになったのは、デザインよりもライティングを褒められる機会が多かったこと、執筆をしている時の方が楽しい瞬間があったことが理由です。

Salon’s Promo Magazineの執筆で心がけていることを教えてください

マガジンの記事を書く時に気をつけているのは、読み手を意識できているかどうかです。美容師さん目線に立てているか、文章が読みやすいか、テンポ良く読み進められるか。
「読者の求める情報は何だろう?」と考えて、なるべく客観的な視点を持ちながら執筆しています。
また、「美容師さんに寄り添えるメディア」なので、言葉遣いにも気を配っています。丁寧でどこかホッとする、でも距離が遠すぎない印象になるよう心がけています。

どんな時にやりがいを感じますか?


最近は自分たちで外に出て写真を撮ったり、外部の方に取材をすることが増えてきました。やはり、試行錯誤して撮った写真がいい仕上がりだったり、伝えたいことを上手くまとめられた時は嬉しいです。そして、その記事のPV数が伸びていた時はやりがいを感じます。
また、毎月の12星座占いを5月からスタートしましたが、占い師さんとイラストレーターさん、編集部の皆と意見を出し合って1つの企画を実行できたことは、大きな喜びになりました。
美容師さん向けの占い、ぜひ読んでください!

今後の展望があればどうぞ!

まずはサロンプロモマガジンを広く知ってもらうこと。そして日本中にマガジンのファンを増やします。
いずれ、マガジンが当たり前のように、全国の美容師さんの情報源として使われることを目指しています!
あとは美容師さんや美容学校さんとのコラボ企画などもやってみたいですね。

いかがだったでしょうか?
ぜひぜひこの記事からも社内やライティングに対する想いを汲み取っていただけたら嬉しいです。
ちなみにグラワーズでは現在ライターさんを募集しています。
一緒にマガジンを動かしてくれる仲間をお待ちしております。
Wantedlyの応募ページへ

contactお問い合わせ

まずはお気軽にご連絡ください

ホームページ、カタログ制作、ライティング等
なんでもご相談ください。

お問い合わせ・資料請求